メニュー 閉じる

減損損失認識の判定のための時価評価の準備ははお早めに!

日本国内で機械設備分野のASA資産評価士の資格保有者はまだ少なく、減損会計目的の評価を経験している評価士はさらに少ない状況です。

昨今の経済状況から減損処理が必要となる企業は多く、決算処理が集中する時期には評価サービスの需給逼迫が予想されます。​減損処理の必要が見込まれる場合にはお早めにご相談下さい。

減損損失認識の判定のための時価評価について
https://www.frontier-valuation.com/impairmentguide

関連情報