メニュー 閉じる

TAPコラム

代表 松浦英泰が書き下ろしたコラム

庭園イメージ
以前、相続税の申告のための日本庭園の評価のご依頼をいただいたことがあります。   評価の専
配偶者居住権は被相続人所有の建物に対して、終身または一定期間配偶者に建物の使用を認める権利で、令和2
アパート(イメージ)
最近、賃貸アパートを経営する大手の会社で相次いで施工不良の問題が持ち上がっている。問題の多い会社は改
解体工事 イメージ
土壌汚染や埋蔵文化財、地中残置物といった土地に潜むリスクに対して厳しい目が向けられるようになってから
不動産に携わっていると思うことがあります。 「不動産の花形は建物である」と。 以前、ある会社の新規事
私が社会人になった頃はバブル経済がはじけて、不況感が漂っていた頃だった。 数年後にはアジア通貨危機や
不動産は文字通り動かない資産です。 民法では不動産を土地とその定着物と定義していますが、不動産登記法
他人名義での増築には注意!
時々難しい案件があります。以前お目にかかることがあってのですが、またお目にかかりました。 Aさんの建
昨日、一般社団法人事業再生協会静岡支部の定例セミナーが開催され、株式会社NEKO-KENの代表取締役
(公財)不動産流通推進センターから「平成30年度コンサルティング技能試験・合格発表によせて」というメ
「公正市場価値」は税法上の用語であり、会計用語としては「公正価値」が使われます。 「公正市場価値」「
動産(機械・設備など)の価値は、どのような前提で評価するかによって異なることが通常です。 評価対象物